H29.7月の添田カメラフォトギャラリー:永田嘉光写真展 思い出の山々

注:コメントの中には、深田久弥氏の「日本百名山」からの引用文が含まれています。

写真NO.121570023(燧岳直下の雪渓にて)     1986.7.30

 

雪渓で一息入れる登山者たち。よく見るとウイスキーの雪割りで楽しんでいる。この日は日差しが強く暑かったので、絶好の休憩所となっている。尾瀬沼から長英新道のコースは比較的楽だと資料にあったが、ずいぶんとしんどく、つらい思いをしてここまでたどり着いた。

 

写真NO.121570025(燧岳:2356m)       1986.7.30

 

尾瀬を見下ろす威厳に満ちた天下一品の山容。颯爽として威厳のある形は厳父にたとえられる。東北以北の最高峰で尾瀬沼の象徴的存在。

この山頂での思い出は雹と雷である。弁当を食べくつろいでいたとき、にわかに積乱雲がわき、雹が一気に降り出したと同時に雷鳴が起こった。稲光が我々の眼の前を水平にパチパチ鋭い音で走り出したので、慌てて岩陰にしゃがみ込んだ。あの体験はもうまっぴら。

 

写真NO.121570068(八方尾根から望む白馬三山)   1990.8.27                                                                       

左から、白馬鑓ヶ岳(2903m)、白馬杓子岳(2812m)、白馬岳(2932m)。朝6時頃の姿である。この位置から1時間ばかりの所に八方池があり、その池に映る白馬三山の姿を楽しみにしていたのだが、まもなくガスが掛かりはじめ、姿を隠してしまった。

 

写真NO.121570099(白馬大雪渓)          1992.7.24                                                                       

2kmにわたって続いている。ここを登ってくる人達を頂上から見ると、アリの行列のように見えた。人間ってこんなにも小さな存在なのかと思って見ていたら、心労なんかどこかへ消えてしまっていた。

残念ながら行列の姿は余りにも小さすぎてカメラが捉えきれていなかった。

 

写真NO.121570097(白馬岳山頂付近)       1992.7.25                                                                       

頂上真下にある山小屋は白馬山荘で、1500人宿泊できる日本最大の山小屋である。雪渓の近くにあるのは村営白馬岳頂上宿舎で1000人宿泊できる。それだけ白馬岳は多くの人々を惹きつける山である。私も三回登った。三回目は新潟県との県境に沿って、白馬大池へと下った。白馬大池から栂池自然園までは岩場が多く、脚がガクガクするほどきつかった。

 

写真NO.121610001(白馬岳山頂からの眺望)      1992.7.25                                                                    

白馬岳山頂からの眺めはすばらしく、立山方面を眺めると剣岳が抜きに出て見える。足下の白馬岳と遠方の北アルプスとの色相が違っていて、綺麗な風景であった。この日は透き通るような晴天に恵まれ眺望がすこぶる良く至福の時を過ごした。

 

写真NO.121570004(至仏山山頂)                     1997.7.31                                                                    

山頂でくつろぎ語り合う登山者たち。頂上を極めた気持ちを満喫しているようである。山頂から尾瀬ヶ原の眺望を楽しみにしていたが、天候に恵まれず写真にすることはできなかった。群馬県側は尾瀬ヶ原から見る至仏山とは全く違っていて断崖絶壁である。

 

写真NO.121570003(尾瀬横田代)             1997.8.1                                                                    

鳩待峠から尾瀬ヶ原を取り巻く山づたいに富士見峠へと1時間半ばかり樹林帯を進むと中ノ原横田代に出た。大きな池塘や湿原があってとても綺麗な場所。そこから斜面を眺めていると可愛い黄色いキンコウカの花が一面に咲いていた。

 

写真NO.121570035(立山頂上)                     1997.9.13                                                                   

急行寝台[きたぐに]で富山着4:48、富山電鉄、立山ケーブルカー、高原バスと乗り継いで室堂バスターミナル着8:30。朝食を取り、室堂を9:00出発。浄土山経由で本峰に向かう予定であったが、霧雨模様の天候だったので直接雄山に登る。雄山神社にお詣りし、弁当をすませて、立山の最高峰である大汝山に登った。天候は変わらず眺望は全くきかなかった。気温も低く寒かった。

 

写真NO.121570036(立山:3015m)             1997.9.13                                                                    

 

北アルプスの盟主。本峰は雄山(3003m)、大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)から成り、別山(2880m)、浄土山(2831m)を加えて立山三山といわれる。古い由緒をもつ信仰の名山。この日は天候が悪く本峰を縦走し真砂岳から雷鳥沢に下った時、ようやく晴れ間が見えて、カメラに収めることができた。

 

写真NO.121570043(苗場山:2145m)        1998.8.16                                                                   

見るものを驚かす[苗田]が広がる高層湿原の頂。南北約4km、東西約1kmの湿原が広がっている。池塘が無数に点在し、そこに生えるミヤマイが苗代のようで、いかにも[神々の田圃]の感がある。頂上は素晴らしかったが、そこに行き着くまではアップダウンが激しく何度も休憩しなければならなかった。



 

写真NO.121570041(草津白根山:2171m)      1998.8.18                                                                   

顕著なピークこそ持たないが、火口壁や火口湖を配するユニークな名山。正しくは白根山(2160m)、逢ノ峰(2110m)、本白根山(2171m)の三山の総称で火山群である。人気の的は、この湯釜といわれる火口湖である。ここまでは草津~志賀高原ルートのバス停から容易に来ることができる。

 

 

 

写真NO.121570072(雲海に浮かぶ御嶽:3067m)                         1999.10.10                                                                   

木曽駒ケ岳の早朝、ご来光を見ていて振り向いてみたら、雲海に浮かんだ御嶽が輝いていた。こんな美しい光景が見られるとは思ってもいなかったので最高の幸せを感じた。悠然たる孤高を保つ、気品と重量感に溢れた山塊である。

 

 

 

写真NO.121570071(宝剣岳:2933m)                  1999.10.10 

 

千畳敷カールからの宝剣岳。夏はこのカール一帯に高山植物が花を咲かせている。標高2650mの千畳敷カールまではロープウェイで簡単に登ることができる。この宝剣岳から木曽駒ヶ岳 まで連なっている。今年の夏、宝剣岳から檜尾岳(2728m)までの尾根道で韓国人パーティーが遭難した。夏山といえども油断は禁物。


 

 

 

写真NO.121570101(ヒナを見守る雷鳥)       2000.7.26                                                                 

御嶽山上の二ノ池から三ノ池に向かう途中、雷鳥親子に出会った。4羽のヒナたちが自由に遊び回っているのを、少し高い石の上からしっかりと見守っていた。少々近づいても逃げようともしないで。一ノ池から五ノ池までの火口湖があり、二ノ池は標高2905mで、日本最高所の高山湖である。

 

 

 

写真NO.121570070(宝剣岳に立つ人)         2000.8.3                                                               

宝剣岳が人ひとり分高くなっていた。[頂上はここだよ]と頭を指しているようにも見えた。最高の気分を味わっていることであろう。少なくとも我々よりも広い視野が開けているのは間違いない。360度、さえぎるものもなく見渡すことができたであろう。


 

 

 

写真NO.121570089(北岳:3192m)            2000.8.18                                                               

屹と天を突くような鋭い頭角をあげ、颯爽として軽薄でなく、ピラミッドでありながら俗っぽくない。惚れ惚れする高等な美しさである。我が国第二位の高峰。

赤い屋根は北岳山荘で、かつて皇太子殿下(現天皇陛下)が宿泊された山小屋で、当時の記念写真が大きく掲示されていた。

 

 

 

 

写真NO.121570090(砂遊びをする雷鳥)          2000.8.18                                                               

北岳から間ノ岳へ向かう途中、中白峰(3055m)付近の尾根道で雷鳥が3羽砂浴びをしていた。近づいても悠然としていて砂浴びを止めようともしない。ここは自分たちの縄張りだと言わんばかりに。

道をふさがれた私たちは回り道をした。


 

 

 

 

写真NO.121570087(間ノ岳:3189m)          2000.8.19                                                              

南アルプスの白峰三山、北岳(3192m)・間ノ岳・農鳥岳(3026m)の中央に悠然とひときわ巨きくゆったりそびえている。我が国第4位の高峰。奥穂高岳よりたった1m低いだけ。北岳へは北へ3km、農鳥岳へは南へ3kmで、間ノ岳がいかに巨峰であるかがわかる。


 

 

 

 

写真NO.121570088(北岳を下る)            2000.8.19                            

岩壁にハシゴの掛かった急斜面を下っていくと、大岩壁・北岳バットレス(高度差600m)の真下に出た。この岩壁をクライマーたちは登っていた。この北岳バットレスの初登攀は、1929(昭和4)年に京都大学の高橋健治パーティーが成功したいう 。             



 

 

 

 

写真NO.121570044(安達太良山:1700m)       2001.8.3                           

[万葉集]に詠われ[智恵子抄]で知られる詩情あふれる名山。「智恵子は東京に空がないという、阿多多羅山の山の上に、毎日出ている青い空が、智恵子のほんとうの空だという。」頂上は溶岩の突起。別名[乳首山]はこの形から。

 



 

 

写真NO.121570056(霧ヶ峰:1925m)         2001.9.22                           

大自然のいたずらが生み出したたおやかな空中庭園。矢島ヶ原 湿原の風景で最高峰の車山は右手の方にあり画面に入りきれなかった。車山からこの湿原まで遊歩道があり、高山植物を観ながらの高原逍遥が楽しめる。美ヶ原、霧ヶ峰、白樺湖、女神湖はビーナスラインでつながっており、バスで容易に行ける。




 

 

写真NO.121570026(至仏山:2228m)          2002.6.3                           

尾瀬ヶ原から見ると燧岳と向かい合っている。燧岳を尾瀬の厳父とすれば、至仏の悠揚とした柔らかみのある姿は慈母にたとえられる。多くの花が見られる高山植物の宝庫。龍宮小屋からヨッピ橋まで尾瀬ヶ原を横切る木道があり、その中央当たりから池塘に映る至仏山をねらった。

 



 

 

写真NO.121570006(ニッコウキスゲ)         2002.7.23                        

福島県側の沼山峠を越えて尾瀬沼に向かうと大江湿原に出る。この時期大江湿原はニッコウキスゲの群落で黄色く染まっている。その中の木道を歩く愉快な気分は他では味わえない。沼山峠からの尾瀬沼、大江湿原の眺めは素晴らしく、尾瀬はこんなにも美しい所なのかと思わず立ち止まって息を呑む。そして、足早に大江湿原へと下っていく。


 



 

写真NO.121570086(奥穂高岳:3190m)         2002.8.6                        

上高地から望む。頂上に立ったのは2003年8月7日である。穂高連峰は奥穂高岳を中心にジャンダルム(3163m)、涸沢岳(3110m)、北穂高岳(3106m)、前穂高岳(3090m)、西穂高岳(2909m)の5峰が競いあっている。頂上からは上高地の河童橋をはっきりと俯瞰することができた。


 



 

写真NO.121570098(嘉門次小屋4代目主人・上条輝夫さん)                            2002.8.6                        

槍ヶ岳の旅のとき立ち寄った嘉門次小屋。明神池のすぐ手前にある宿泊兼食事処。上条嘉門次(名ガイド)が住んでいた場所。彼は1893(明治26)年の夏、英国人宣教師ウォルター・ウェストンを案内し前穂高岳に登頂。後年、槍ヶ岳や奥穂高岳も案内。ウェストンはこれらの登山記[日本アルプスの登山と探検]を出版。ウェストンは日本の中部山岳地帯を次々に踏破するとともに日本アルプスの名を世界に広めたことから日本の[近代登山の父]とよばれている。梓川の岸にある岩壁にウェストンのレリーフが埋め込まれている。(横で邪魔しているのは私の相棒)

写真NO.121570080(氷河公園からの槍ヶ岳)                 2002.8.7                       

天狗池に映っている逆さ槍。雪の解けている池の部分はごくわずかであった。雪原に腹這いになってシャッターを切る。真夏に雪原で過ごしたのも爽快であった。天狗池から一段上がった岩塊の斜面には大岩が積み重なっている。典型的なカール地形となっているため氷河公園と呼ばれている。

 

写真NO.121570081(北穂高小屋)          2002.8.7                        

山頂直下のずいぶん危険なところに建っているように見える。絶好の展望を誇るテラスをはじめ、清潔で温かい雰囲気の木造3階建ての料理自慢の山小屋で、人気が高いとのことである。1947(昭和22)年、全長7m、総重量130kgの梁の荷上げから始まり、血の滲むような苦労の末、翌年夏に完成したそうである。昭和34年以降クラシック音楽が流れる山小屋としても知られる。

写真NO.121570083(北穂高方面からの槍の姿)                           2002.8.7                        

大喰岳(3101m)から中岳(3084m)を経て、天狗原(氷河公園)へと下っているときの槍ヶ岳の姿。右側の尾根がアルプス銀座と言われている東鎌尾根。この東鎌尾根は大天井岳、燕岳や常念岳へとつながっており、銀座と言われるほど多くの登山者で賑わっている尾根である。

写真NO.121670001(槍ヶ岳:3180m)                         2002.8.7                        

どこらら見ても、その鋭い三角錐は変わることがない。それは悲しいまでにひとり天を指している。天を突き、日本アルプスに鎮座する一万尺の鋭鋒。旅をしたのが還暦の年であったので、添田小学校の先生方から戴いた赤い上着と帽子を身に着け妻と頂上で記念撮影をした。

写真NO.121570045(蔵王山:1841m)         2002.10.12                      

最高峰の熊野岳から御釜を見下ろしながら下る。エメラルドグリーンの[御釜]と称する山上湖は蔵王の宝玉とも言うべき存在。この御釜を背景に登山者たちは、何度もシャッターを押していた。樹氷で天下に知れ渡るみちのくの信仰の連山。


写真NO.121570046(月山:1984m)         2002.10.13                      

「雲の峰幾つ崩れて月の山」芭蕉も頂上を踏んだ山。芭蕉が登ったのは6月8日で、「氷や雪を踏んで登ること8里、身もこごえそうになって山頂に着くと日は沈んで月があらわれた」と奥の細道に載っている。山頂には芭蕉の句碑も建っている。山頂から北へ1時間半ばかりの所に弥陀ヶ原という池塘の点在する湿原がある。

 

写真NO.121570048(岩木山:1625m)              2002.10.14               

「したたるほど真蒼で、富士山よりもっと女らしく、透きとおるくらいにせんけんたる美女である」と太宰治は小説「津軽」の中に書いている。津軽平野に伸びやかに裾を引いた「透き通る美女」津軽富士。

 

写真NO.121570051(八甲田山:1584m)             2002.10.15               

天の配剤を思わせる名園を抱えた円錐の山郡。最高峰の高岳を下って毛無岳に出ると、このようなすばらし風景が広がっていた。

青森県出身の棋士・工藤紀夫氏は、八甲田山は季節を問わず登って楽しい山、岩木山は仰ぎ見る信仰の山だと言っている。

 

写真NO.121570033(赤城山:1828m)               2002.11.5             

山頂付近から忠治温泉方面を見下ろすと小沼が見える。小沼の向こう側に下っていくと、赤城温泉、忠治温泉などがある。

活劇になり唄になり、親しまれ愛される逍遥の山。山頂は冬に入っており、雪に見舞われ、すごく冷え込んでいたので、すぐに下山に向った。

 

写真NO.121570079(涸沢岳山頂への尾根道)     2003.8.7            

奥穂登山道から写す。手前下は穂高岳山荘で、ピークが涸沢岳、さらに北穂高岳へと続いている。右側は我々が登ってきた涸沢であり、左側は笠ヶ岳をはじめ北アルプスの峰々が眺望できるところであるが、この日は天候が悪く周囲の風景が見られず残念であった。

 

写真NO.121570112(富士山:3776mと精進湖)   2004.1.23           

国民的な山。日本人は子供の時から富士の歌を歌い、富士の絵を描いて育つ。自分の土地の一番形のいい山を指して何々富士と名付ける。最も美しいもの、最も気高いもの、最も神聖なものの普遍的な典型としての不二の高嶺。雄大、秀麗、優美、限りなき誇りを秘めた山嶺。2013年6月22日世界文化遺産として登録された。

 

写真NO.121570052(大雪山:2290m)       2004.6.20           

北の大地のどまん中に根を下ろす北海道の最高峰。旭平から旭岳を目指しての最短距離を登ったのだが、急坂になると足元がガラガラの噴出物の砂礫だから歩きにくく、幾度も立ち止まって息を入れながら登った。天候に恵まれず、山頂からの展望はできなかった。

 

写真NO.121570028(谷川岳:1977m)       2004.11.3           

これほど有名になった山もあるまい。[魔の山]という刻印によって。頂上で北九州市の山下さんに会った。山下さんは2度エベレスト単身登頂を果たした登山家であり、山岳ガイドをされている。三浦雄一郎さんが史上最高齢(80歳)でのエベレスト登頂されたとき、山下さんのコメントがでていたので電話をした。2016年頃にエベレストをチベット側から登る計画をされているらしい。「すばらしい方ですね」と言うと、「いえ、ばからしいんです」と返された。私の中の山下さんはより一層すばらしい人になった。

 

 

写真NO.121570113(富士山山頂から)         2005.8.5         

ご来光を眺める。まるで東京駅に降り立ったかのように人、人、人で混雑し、シャッターを切るのも容易でなかった。それほど頂上から見る日の出は魅力的であった。頂上まで登り着かない人たちも多く、9合目あたりで眺めている姿も見られた。

 

 

写真NO.121570040(雪の大谷)                     2006.4.24       

アルペンルートのバス道路は高さ20mの雪の壁になっている。この道路を開く様子をテレビで見たことがあるが、全く見えない道路をよくもまあ正確に除雪できるものだと感心させられた。この雪の大谷をウォーキングできるコースが設けられている。

 

 

写真NO.121570037(室堂からの立山)        2006.4.24         

この時期、室堂一帯真っ白な銀世界。サングラスをかけていなければ眼をあけられないくらい反射がすごい。夏に見る姿とは一変して谷がわからないほどの雪である。室堂から立山の主峰の麓まで水平になっているように見える。

 

 

写真NO.121570054(アイヌの火祭り)        2006.6.19         

旭岳登山前日、旭岳温泉[湯元湧駒荘]に宿泊。その夜、宿泊所の広場で山開きの火祭りが行われた。神事の終わりにアイヌのダンスがあり我々もいつの間にかその輪の中に入っていた。初めて出会った人たちなのに、とても親しみを感じたものだ。


 

 

写真NO.121570053(旭平)            2006.6.20         

雪解けの旭平はキバナシャクナゲの群落が我々を迎えてくれた。すぐ手前の姿見ノ池は雪がたくさん残っていて残念な思いをしていただけにより嬉しさが増した。晴れていたらもっと素晴らしい風景が見られたであろうと想像した。後方の地獄谷からは白煙が噴き出している。

 

 

 

写真NO.121570133(長蔵小屋と主人の平野紀子さん)                            2008.7.25         

長蔵小屋が建ったのは1910(明治43)年。創立者の平野長蔵以来、長英、長靖と受け継がれた長蔵小屋の歴史は尾瀬と人とのかかわりの歴史であり、尾瀬三代の譜として広く紹介されている。「尾瀬に生き尾瀬に死す」という映画にもなり、紀子さんを宮崎美子さんが演じた。(尚、長英・北大路欣也、長靖・渡辺謙)

 

 

 

写真NO.121570134(長蔵小屋と主人の平野紀子さん)                            2008.7.25         

現在は雪の三平峠に逝った長靖さんの後を継いで,夫人の紀子さんが経営に当たっている。

 

 

 

写真NO.121570135(ボッカさん)         2008.7.26         

鳩待峠から山小屋の点在する尾瀬ヶ原の下田代十字路までの約3時間の道のりで、自分の背丈ほどの荷物を背負ったボッカ(歩荷)さんの姿をよく見かける。体勢を崩さないようにバランスを取りながら歩いているので声もかけられない。尾瀬の風物詩となっている。

 

 

 

写真NO.121570158(常念岳から槍ヶ岳の眺望)    2011.8.1         

四時、常念小屋で目を覚ます。外は昨夜からの雨が続いていたが、30分後に雨がやんだ。次男の直士と身支度をして、常念岳に向った。登るにつれだんだん明るくなり、頂上近くになると周囲の風景がよく見えるようになった。その時の槍ヶ岳連峰の姿である。早起きは三文の得と言われるが、100万ドルの景色を戴くことができた。

 

 

 

写真NO.121570084(常念岳:2867m)          2011.8.1         

槍ヶ岳に登ったときに見た常念岳。あの常念にもいつの日にか登ってみたい。そして、こちらの方を眺めることができればと念じていた。9年後にそれが実現できた。想像していたとおり槍・穂高連峰の景色はアッと思わず息を呑み込むほど素晴らしかった。


 

 

 

添田カメラ

〒824-0602

福岡県田川郡添田町添田1231-1

tel:0947-82-0153

fax:0947-82-0153